本当に必要なお金なのか

お金を借りる前に十分に検討してほしいのが、「本当に借りなければならないお金なのか」ということです。借りたお金は自分の手元に入ったとしても、最終的には返さなければいけません。

「本当に返せる金額なのか」「借りてまで必要なお金なのか」をまずはしっかりと考えましょう。それらを検討したうえで、どうしても借りなければならないという場合にのみ、お金を借りるようにしましょう。

安易にお金を借りていると、自分で稼がなくても生活できるような気になってしまいます。そうなると、借りているお金を自分で返せなくなり、最終的に自分で自分の首を絞めることになるので、簡単に借りないようにしましょう。

自分に合ったローンかどうか

一口にお金を借りるといっても、銀行や消費者金融には様々な金融商品があります。つまり、たくさんの種類のローンのタイプがあるのです。ローンのタイプによっては、自分でも返済できそうなものもありますし、難しいものもあります。

そのため、ローンを選ぶ際には、決して無理をしない範囲での返済となっているものを選ぶようにしましょう。「ちょっと頑張れば大丈夫」くらいのものを選んでしまうと、そのちょっとが積み重なって苦しくなります。

したがって、自分の収入とライフスタイルにあった返済計画をたてられる金融商品を選ぶのがベストです。後で気づいてもローンタイプは変更できないので、事前に下調べをしっかりと行うことが大切です。